お問い合わせ
info@kakei-ouen.com
保険のプロフェッショナル 村瀬隊長が教える 「自分の家族にもすすめたい!ムダのない保険の選び方」 ファイナンシャルプランナー 村瀬雄介

		一世帯あたりの保険料の平均支出は月額4万円
		これを30年間続けると1,400万円以上の買い物です。
		
		あなたは大丈夫ですか?
		現在、加入している保険内容がよくわからない。
		職場に来ている保険営業から契約した。
		保険料が家計を圧迫している。
		1社の保険会社からしか契約してない。
		結婚した、子供が生まれた、家を建てた。
		
		見直しが必要です。
		ひとつでも該当ある方は現在無駄な保険料を払っている可能性が高いです。
	保険の見直しをすることで掛け金を安くしたり保障を充実させたりする事ができます。
		
		ファイナンシャルプランナーへの無料相談お申し込みはこちら


			保険見直しケーススタディ
			弊社で保険の見直しをしていただいたお客様の事例をご紹介いたします。


			CASE.1 【30・40代】子供のいるご家庭の死亡保障の見直し
		
			見直しのPOINT
			30~40代で子供がいるご夫婦。この世代に最も多いケースです。必要な保障は、当然家計を担う方の死亡保障です。残されたご家族、特にお子様が独立するまでにかかる教育費の負担が最大のポイントとなるため、第一に考える必要があります。また、長期入院による家計への影響も考慮しておく必要があるので、医療保障も重要です。

			ただ、この世代は住宅購入によりローンを抱えている方も多く、
			少ない負担で大きな保障を得なければなりません。加えて、老後の備えに関しても意識していかなければならない世代です。
			
			二人のお子様がいるNさんご夫婦は、共働きではあるものの
			主な家計の担い手はご主人です。小5の長男が独立するまでにはまだ10年以上かかり、教育費もバカになりません。また、今年マンションを購入し住宅ローンを組んだことから、保険料をなるべく安く抑え、大きな保障が得られるようプランニングしました。
			
			必要保障を獲得しながら家計負担を軽減できたNさんは、
			将来の老後資金準備にもゆとりがもてるようになりました。

		
			CASE.2【20代】共働きで子供のいない家庭の医療保障の見直し
		
			見直しのPOINT
			子供がいない若いご夫婦にとって必要な保障は、万が一の死亡保障と入院時の医療保障です。
			共働きでご夫婦ともに収入がある場合、パートナーに万が一のことがあったとしても、残された方はご自身の収入で生活ができます。しかし、奥様が専業主婦の場合、家計はご主人の収入でまかなわれているので、ご主人に対する死亡保障を充実させておく必要があります。
			また、若いといっても病気やケガはいつ起こるかわかりません。
			特に、長期の入院や大きな手術を受けた場合の個人負担は少なくありません。入院時の医療保障も充実させておきましょう。
			
			Yさんご夫婦は共働きであり、まだ子供もいません。
			現時点で大きな死亡保障は必要なく、万が一の場合の葬儀関連費用と、病気・ケガに対する終身の医療保障があれば十分でしょう。
			
			奥様も同様の保障内容で見直すことが肝心。
			共働きではないご夫婦は、家計を担う方の死亡保障を充実させておくことが必要になります。

		
			CASE.3     【20代】子供ができ奥様が専業主婦の家庭の死亡保障の見直し
		
			見直しのPOINT
			子供が産まれ家族が増えた20代のご夫婦にとって、最も重要な保障は、なんといっても万が一の死亡保障です。
			特に奥様が仕事に出られない状況であれば、ご主人の収入で一家の家計をすべて支えるわけですから、ご主人に対する死亡保障は充実させておく必要があります。
			また、長期入院によって収入が減少してしまうリスクにも対応できるよう、医療保障も充実させておきたいものです。
			
			ただし、今後の家族状況や住環境の変化も想定し、
			無理のないよう考えなければならない世代でもあります。
			
			I家は、お子様が産まれたばかりで奥様は育児に専念しなければならない状況です。したがって、大黒柱として家計を担うご主人の死亡保障を充実させておく必要があります。
			また、病気・ケガによって入院を余儀なくされた場合の家計への負担を考えると、医療保障も重要になります。
			
			死亡保障は、これからのお子様の予定、進路、住居形態等を想定し、必要資金から現在の資産、遺族年金等を差し引き、必要保障額を算出します。
			保険金も、一時金で受け取るか分割して受け取るかによって、プランの内容が変わってきます。

		
		ファイナンシャルプランナーへの無料相談お申し込みはこちら


			保険見直しのポイント!
			必要な保証内容を充実させ、保険料のムダな部分だけなくすポイントをお教えします。


			POINT.1四角い保険を見直し、ムダの無い三角の保険へ!
			お子様など家族の成長にともない必要な保障額は年々減少していきます。
			減少する保障リスクに合わせて必要保障額を確保する事により掛け金を半減する事ができます。
		
			【四角い保険(定期保険)】
			保険料 月額10,000円
			保障額が一定のため、ムダが発生!
			保険加入時から解約まで保障額が一定のため、子供の成長に従い、年々減少する必要保障額に対応できないため過剰な保障内容となっていました。

			【三角の保険】
			保険料 月額5,000円
			必要の無い保障部分はカットしてムダを節約!
			年々減少する保障リスクに対して、必要保障額だけ確保することで、掛け金を半減することができる三角の商品に切り替えました。
		
			POINT.2特約で付いていた医療保険の見直し
			医療保険は基本契約の特約で付いているタイプの物に加入されている方が多く、特に定期保険(保障期間が決まっている保険)についている特約の医療保険に加入されている方の場合、老後に一番医療費が必要な時に保障がなくなっているといったケースが出てきます。
			そこで終身タイプの医療保険に乗り換える事で費用も安く、安心の保障内容に変更する事ができます。
		
			【特約の医療保険】
			保険料 月額10,000円
			保障期間がきまっている特約の医療保険で、入院5日目からしか保障されないなど古いタイプの医療保険の場合もあり、見直しする事で大きなメリットになることもあります。
			【終身タイプの医療保険】
			保険料 月額,000円
			近年では外資系保険会社の医療保険が数多くあり、終身タイプの医療保険でもより掛け金や保障範囲、入院給付条件において充実した保険商品もでてきています。
		
			POINT.3いろんな保険商品を比べてみる
			保険会社は大手から中堅も含めると複数社あり、その中でも各社が特色を持った商品を展開しており、
			同じ保障内容でも保険料が違っていることも多々あります。
		
			同じ保障内容でも、保障会社により保険料に差が出ます。主要な保険会社のプランを比較してみました。
		
			● 収入保障保険 35年満了 年金月額15万円 (最低保障期間2年)
			差額2,800円(月払い) 35年間で1,209,600円の節約!
		
			● 医療保険終身型・終身払タイプ 日帰り入院から1入院60日
			差額950円(月払い) 35年間で456,000円の節約!


			独立系ファイナンシャルプランナーに相談するメリット
			一般的な保険会社の営業マンと当社のような独立系FPの違いを詳しくご紹介します。


			ご存じですか??「保険会社の営業マン」と「独立系FP(ファイナンシャルプランナー)」の提案内容はこんなに違うです!!
		
			【保険会社の営業マンの提案】
			自社商品のみ提案
			他社でお客様のニーズにベストな商品があっても自社の商品しか提案できません。
			
			【独立系FP(ファイナンシャルプランナー)の提案】
			複数社からいいとこどりの提案
			お客様のニーズに合ったベストな商品のみを組み合わせ提案することが出来、更に掛け金も安く出来ます。
		
			ファイナンシャルプランナー 村瀬 雄介
			ご紹介させていただいた保険の見直しケースやポイントは日々ご相談いただく案件の中でもよく見かけられるケースです。実際にはお客様のご家族構成や年齢、ご職業などの状況をより細かくお聞かせいただいた上で保険の見直しをさせていただく事でお客様お一人お一人にあわせた形で保険の無駄を省いたり、本当に必要な部分の保障を充実させる、ご提案をさせていただきます。
	
			これから保険にご加入することをご検討されてらっしゃる方は是非ファイナンシャルプランナーにご相談ください。お客様に最適な『オーダーメイド』の保険プランをご提案させていただきます
		
			ご相談の流れ
		
			1.お申し込み
			お問い合わせフォームよりご希望の日時を第3希望までお選びいただき、ご連絡ください。
			
			2.面談日程のご連絡
			ご希望日時に合わせて、弊社からご面談の日時をお電話もしくはメールにてご連絡させていただきます。
			
			3.ご来店・ご訪問
			担当のファイナンシャルプランナーがご訪問、もしくは弊社にてご面談させていただきます。
			
			4.ご相談
			お客様の現状や将来の目標をお伺いさせていただき、必要な保障内容や保障額等のアドバイスをいたします。
			
			5.プランご提案
			保険の提案が必要な場合は、後日改めてファイナンシャルプランナーから具体的な保険プランやお見積もりをご提案させていただきます。
		
		ファイナンシャルプランナーへの無料相談お申し込みはこちら


			家計応援隊の評判・お客様の声
			クライアント様・ご紹介者様からのお声をご紹介します。


		無駄な保険料は払わなくて良いという方針の基に複数の保険会社の商品から提案を頂けた。
		名古屋市30代
		独立を機に保険を見直そうと、ある保険会社で見積もりをお願いしていましたが、何かしっくりこず悩んでいました。そんな時に村瀬さんに出会い、お話を聞かせていただいたところ、とても納得のいく内容を紹介していただけました。無駄な保険料は払わなくて良いという方針の基に複数の保険会社の商品から提案を頂けたので、より理想に近づけたのかと思います。年齢も近く、とても親身になって話をしていただけたので、とても納得できました。ありがとうございました。
		
		沢山の希望を言っても真剣に聞いて下さいました
		名古屋市30代
		数ある保険の中で、ライフプランに合ったものを選ぶことはとても困難でした。保険の知識も無いし、どれも同じように思えてしまう…それでも生まれた子供のためにより良い保険をと相談させていただきました。沢山の希望を言っても真剣に聞いて下さり、結果満足のいく保険を見つけることができました。感謝しています。
		
		数ある保険会社の中から保険料負担の少ないものを数社選び提示してくれたので、比較・選択しやすかったです。
		名古屋市40代
		子どもを授かったのをきっかけに保険の見直し相談をお願いしました。自分たちに必要な保障内容をカウンセリングしていただき、わからない点や質問などにも具体的にわかりやすく説明していただいたことで、保険に入る意味や目的がはっきりしました。また、その保障内容をカバーする商品を、数ある保険会社の中から保険料負担の少ないものを数社選び提示してくれたので、比較・選択しやすかったです。この数社を選び出すということが保険の商品知識がないとなかなか難しいことなので、この点が相談して一番良かった点だと思います。本当に親切・丁寧に対応していただき感謝しております。今後家族が増えたときの見直しや、保険請求手続きなど、村瀬さんのお人柄の面からも安心してお任せできると思います。何でも聞きやすい雰囲気を作ってくださり、相談のときに質問がしづらいということがないので、興味があるけど迷っているという方にはおすすめしたいと思います。
		
		自分の思っている以上の学資保険 があったのです。
		名古屋市30代
		子供の将来を考えたときに、必要なお金を早いうちから準備していかなければと思い、どうしたらよいかあれこれ悩んでいました。
色々調べてみると、学資保険というのがあることを知りました。そこで村瀬さんに相談したところ、自分の思っている以上の学資保険 があったのです。 その保険は自分に何かあったときにその資金を確保できたり、運用率がとても良かったことなど、その他にも色々ありますが自分の思っている条件にピッタリあった保険でした。 これで子供の将来も安心できると思い、契約させていただきました。
保険というのは目に見えないものなので、選ぶ時はどうしても保険料など見て解るところしか選んでませんでした。保障なども車の保険と生命保険の保障内容がダブっているなど気がつかず契約しておりました。
そんな時、村瀬さんと出会い、保険のことを細かく説明して頂き、保険という目に見えないものだからしっかり知ることが大事なことも教えていただきました。契約したあとも、いろいろな情報を教えてもらっています。
これからも、ぜひ良い提案をしていただきたいですね。

		
			社会保険労務士 あさひ合同事務所
			所長 中野 聖信様からの推薦状
			「
			私は、生命保険販売の村瀬雄介さんを推薦いたします。
			
			その理由は、紹介先のお客様から、生命保険の保障内容の見直しを依頼したところ、大変親身に且つ専門家としての立場からお客様のニーズを十分くみ取った適切な保険提案を行ってくれたので、大変感謝しているとの喜びの声を寄せさせていただきました。
			
			紹介をした私もお客様から大変喜ばれ、村瀬さんを紹介して本当に良かったと思いました。
			」


			ご相談窓口へのアクセス
			家計応援隊のオフィスは名古屋の中心地・栄にあります。

アクセス

			住所:愛知県名古屋市北区志賀南通2丁目4-3 クラウンビル4F
			営業時間 9:00〜17:00
		
			現在、加入している保険内容がよくわからない。
			職場に来ている保険営業から契約した。
			保険料が家計を圧迫している。
			1社の保険会社からしか契約してない。
			結婚した、子供が生まれた、家を建てた。
		
		ファイナンシャルプランナーへの無料相談お申し込みはこちら